翼 空高く

広島東洋カープ
中谷翼選手の応援がメインのBlog
  << September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
峰山球場
行って来ました峰山球場車
遠い感じはしていましたが、片道3時間以内で行けました。

球場に到着したら、近くの駐車場は既に満杯!
ちょっと離れた所の臨時駐車場に置きましたが、無料シャトルバス2台が
フル回転で送迎してくれるので、全く苦にならないバス

球場に入ると、始球式の真っ最中。今日の中谷翼選手は1番バッターなので
始球式対応しておりました。

さて、今日の試合は1回に山本芳彦選手の放ったホームランでいきなり先制
したものの、8回終了時点では3−2の1点差という気の抜けない展開で
ありましたが、9回表に一挙7点を奪って10−2の勝利楽しい

中でも鞘師選手はヒット3本に犠牲フライ1本、最後は敬遠の四球という
大活躍拍手
ちなみにホームランと猛打賞には賞金が出てましたお金

ダイヤ
ところで中谷翼選手はと申しますと、5打数1安打(2三振)+死球。
この死球は9回の打席でした。
8回に1番バッターで凡退、しかも今日2三振だったので、これは良い所で
回って来たと本人も余計に気合が入っていただろうに、右腕にドン冷や汗
塁上でも結構痛そうでした。

で、裏の守備は大事をとって交代。
試合後、出て来た中谷翼選手の右腕にはアイシング病院
本人によると大丈夫汗。変な当たり方はしていないようです。

試合後の会話&翼の父親からの情報&今日見た感じから汗
2三振したものの調子は悪くなく、ずっと試合に出ているからかずいぶん
対応できるようになった感じです。
慣れて余裕が出てきたとでも申しましょうか見る
ただ、やっぱり三振ってのは印象悪いんだよね〜鳥

で、今日の翼を1枚


そして、ホームランの山本選手


大活躍の鞘師選手


最後に、中谷家より今日届いた4月19日の阪神戦での中谷翼選手


ところで、峰山球場でもれなく配られていたメンバー一覧、翼がまだ
育成選手だった。カリダもいないし怒りいつのデーター?
| そうへい | 中谷翼 | 00:16 | comments(3) | trackbacks(0) |

コメント
(まめ)たぬきさまこんばんは。

行かれてましたか。峰山は思ったより近かったです。
とは言え、天の橋立にも近いのに観光もできずに帰りましたが・・・。
私たちの座っていたところ(3塁側外野席に近い上の方)にも、
56を知らない人がいて、知ってるおじさんに説明されてました。
名前を売っていくのもこれからであります。


はち兵衛さまこんばんは。

はい、グリップは左肘と共に、投球と連動するように上がってからスウィングに移っていました。
タイミングを考えるとリズム的にその方が対応し易いんでしょうかね。

私としては、引いた状態に近いところで窮屈にならず大きく構えて待つか、
今の構えで引いた時、一瞬ビシッと安定した状態で止まってスウィングに移るか
どちらかだと、もっと変化球対応ができるのではと思うのですが、
そこはプロ。自分で納得の行くフォームを完成させるべく日々チャレンジですよね。

と、良い方に解釈したりして・・・。
また、気になるところがあればお願いします。
| そうへい(管理人) | 2007/04/23 12:37 AM |

最初の翼くんの画像。
あのあとグリップを上にあげていますか。

あのままじゃないですよね。
ちと気になりやした。
| はち兵衛 | 2007/04/22 10:24 PM |

おや、いらっしゃっていたのですね。
峰山は京阪神からは舞鶴自動車道を利用して移動すると近いですよね。
当方、ペーパードライバーのため実家に帰省(豊岡市)、北近畿タンゴ鉄道にて峰山駅間で往復でした。
さて、「56って誰?」という反応をしているお客さんがいて、知っている自分に妙な優越感。
たまたま持っていったスポニチが出している選手データ号(400円・ハンディタイプ)もほとんどのチームの育成からの登録変更が反映されていないものでした。出版物として市販しているものには訂正の紙を後追いで入れることが昔は普通だったのですが。いまは取次ぎに出してしまったらそれっきりなのかもしれません。
| (まめ)たぬき | 2007/04/22 4:56 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tsubasa28.blog.bai.ne.jp/trackback/89493
トラックバック

RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK CATEGORIES LINKS PROFILE OTHERS